タバコを吸っている事を婚活イベントで打ち明ける必要はありません

この記事は約 4 分で読めます。

婚活イベント担当者から話を聞いていると、「タバコを吸わない人限定」の企画がいちばん人の集まりが早いそうです。さらに細かく情報をいうなら、男性の方が女性よりも先に埋まる傾向があるようです。すべての人がとは言いませんが、傾向的には「喫煙者」が婚活市場において不利を受けやすい事実は近年増加しています。

ここをお読みの方にも、タバコNGの方はいらっしゃるでしょうし、逆にヘビースモーカーの婚活者もいらっしゃると思います。タバコが社会的に排除されている影響もあってか、喫煙者自身が自主的に「婚活イベントの場で異性に対しタバコを吸っている事実を伝えるべきか」と悩んでいるケースも聞くようになりました

私が担当している方にも男女とも喫煙者はいますが相談を受けても「タバコくらいであれば、わざわざ最初からカミングアウトする必要はない」と伝えてきました。もちろん「非喫煙者だけのパーティー」に騙して参加しろという意味ではありません。普通のイベントで”最初から”言う必要はないという話です

タバコを止めようと努力する姿勢が大事

ここで「タバコは止められるなら止めた方がいい」というのは一般的な意見にしかならないでしょう。

むしろ「タバコを吸っている事を、異性に伝えた方がいいのだろうか」と私に相談している時点で、すでに喫煙を止めようと努力されている方がほとんどです。だからこそ止められずに困っている状態なのでしょう。

それなら私は、「無理してタバコを止めなければ」と思う事を止めてもらうようにしています。「止めなければ」と思った時点でストレスが負担となってより吸ってしまう方もいますからね。

そういう理由から出会った時点で「喫煙者かどうか相手から尋ねられない限り」タバコの事は黙っておく事を勧めています。もし仮に後に追求されても「聞かれなかったから言わなかっただけ」と答えれば問題ありません。タバコに限らず、最初から自分をマイナスに持っていく人など婚活イベントでは稀な存在です

「タバコを止める努力はしているけれど、結果的に止められなかった」という姿勢で婚活に出ても悪い事では無いと私は思うのです。「禁煙できるようになってから」とか「タバコを我慢して」という状態で無理してイベントに出ても良い結果を生むように思えないからです。吸いたければ吸えばいいのです。

結婚したい相手ができた時に、「タバコ」をやめるべきか考える

では「タバコを吸っている事は打ち明けない」というのも難しいでしょう。もしお付き合いが始まったりすると、やはり生活の中にタバコがある事はバレてしまいます。そして、伝えるべき場面はここでもあるのです。ここにくると、初対面で伝えるのとは少し意味合いが変わります。

これまで喫煙を隠していても、それまでのあなたを見てもらった上で考えてもらえるようになっているからです。そして次の2択で話し合う道に持っていく必要があります。

① これからも付き合ってもらえるのか?

② それともタバコを止めないと駄目なのか?

喫煙者に取ってベストなのはタバコも含めて関係を続けてもらう事ですが、人によっては「改善して欲しい」と要求されたりするのも事実です。子供が出来る事や、周りに与える影響は考えないといけません。しかしこういった時にこそ、あなたの決断力も高まるのです。

いままで結婚を意識できる相手もいなかったけれど、目の前に「タバコを止めれば結婚できる相手」がいるわけです。その相手を取るか、タバコを取るかとなると止める意思は過去の自分とは格段に違うものになっているはず。

私が相談を担当させて頂いた喫煙者の女性は、お相手男性に打ち明けた際に「タバコを止めて欲しい」と言われたそうです。同時にその男性からは「タバコの変わりにストレス発散できる事を一緒さがそう」と言われ結婚へ加速しそのままゴールインを決めました。

意外とこの結婚を前提とした「相手の為に止めるタバコ」という姿勢は異性の心に突き刺さるようです。婚活でタバコを止める目標を作った事で一体感が男女間で生まれるのでしょう。

また、タバコを吸っている事を打ち明けた事で、「そこまで我慢しなくてよかったのに・・」と逆に相手女性に心配されたという男性もいました。ストレスが出ると、タバコでしかどうにも出来ない男性だった事をお相手の女性もすぐに理解したそうです。

「節度あるタバコの吸い方をしてくれればOK」という返事をもらえたようで私も嬉しかったですね。

 

全ての喫煙者がお相手に受け入れられるとは言いませんが、自分で止めようと頑張っても駄目だった場合は、ある程度の関係を築いてから打ち明ける方法をお勧めします。そのためにも最初から無理に喫煙者である事を、後ろめたく抱え込む必要はないと私は伝えています。

大事なのは「喫煙者だから結婚は不利になるんだ」と諦めて動かない事です。「理解してくれる異性もいるんだ」と前向きに進んだ人が婚活を制する事は言うまでもありません

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ