婚活専用の「自己紹介ブログ」を婚活カードや名刺でPRする方法

この記事は約 4 分で読めます。

婚活イベントでは自己紹介カードをしっかりと作り異性にお渡しする事を勧めています。婚活カードの作り方については以前に書いた記事を参照して下さい。

そんな婚活カードを使って活動されていた方から「結婚が決まった」との報告がありました。40代の男性だったのですが、面白い事に私がお伝えしてきた婚活カードのテクニックをアレンジされていたのです。

そのアレンジとは、「自身の婚活への考え方」や「結婚後に作りたい家庭像」、また行っている「仕事」など結婚するに当たって異性が知りたくなるような話を“アメーバブログに書いて相手女性に見せていた”という事です。

私も彼のサイトを見せて頂きましたが、非常に上手い作戦だと思い感心させられました。今日はその内容をお伝えしておきます。

「自己PRサイト」で婚活中の女性に自分を売り込む重要性

結婚報告をくれた彼は、ウェブ上に「自分の結婚について考えた話だけをまとめたサイト」を作っており、異性が結婚するにあたり知りたくなるような情報のみを掲載していました。もちろん個人情報の観点から、掲載したら危なそうなところは省いていました。

例えばお仕事などは、「職種」や「仕事内容」は書いても、職場という「具体的な場所」は書かないという感じです。年齢も「40代」と個人を特定できない範囲で書いています。そして踏み込んでいるなと思ったのは、年収は○○万と普通なら話さないところまで書いていたところです。

彼は収入が多い方ではありませんでしたが、考えや価値観をきっちり表現できていたので、年収が少しくらい低くても問題がない印象を持ったとお相手女性から言われたそうです。彼もあえて「女性が知りたがる部分」を狙って知らせていたとも言えますね。

アメーバブログというブログ形式のサイトで、好きな時に好きな話を書いてアピールを続ける事が出来て良かったと言っていました。フェイスブックなどを知らせてしまうと、やや交遊関係などまで知られるということで「無料ブログで匿名公開」していたのでしょう。

以前に私が伝えた婚活カードでの攻略法を応用し、彼はこういった自己PRサイトのURLを書いて渡していたようです。

私もさすがにここまで考えが及んでいなかったので驚きました。実はこの方法はすごく有効で、結婚というのはそもそも相手の考えや生活状況というのは早い段階で知りたいものなんですね。それを知らせるためにサイトで売り込んだのです。

お相手から「好きな時に読んで下さい」とウェブサイトを知らされ見られるならそれはありがたい話です。また、婚活用ブログを使った上で効果的だった話を彼に聞かせてもらったのでまとめて終わりたいと思います。

婚活用カードより、婚活ブログを見せる方がより効果的

彼が特に効果があったと感じた部分は次の2つだそうです。

① 婚活ブログを読んで貰う事で、結婚への進展がスムーズに

サイトのURLを書いたカードを配る相手は、気に入った女性限定にしていたそうです。覚えていないらしいですが、せいぜい5人程度だと言っていました。

しかし意外と毎日だれかしらはアクセスした形跡が残っているのだそうです。女性陣も忙しい時間の合間を縫って婚活をされている事もありいつでもあえるわけではありませんが、読んでくれているのがわかるだけでやる気アップとの事。

ブログを通してでも、女性に対して「自分の考え」や「結婚観」をアプローチできていると感じたそうです。見ない人は見ないので、見てくれる人にだけ伝わればいいと彼は言っていました。

また、気に入って渡した複数の女性からコメントを貰う事になると、あとで気まずくなるのでコメント欄は消していました。しかし、ブログに対しての感想はメールやラインで寄せてもらえたようで、結果的にコミュニケーションを取る武器になって良かったとの事です。

「婚活パーティーなどで渡される自己プロフィール用紙」では書き切れない話を相手に届けるという意味で効果を発揮していたそうです。女性に会った際には、「あの記事の考えの事なんだけど・・」と会話をスムーズに進める意味でも役立ったとか。ある程度の会話の土台が築けているのは大きいですね

② 更新を意識させるだけで相手の頭に「自分の存在」が残せる

彼の話を聞いていると何でも使い方次第なんですね。彼はブログを女性に教えておくだけで「彼のブログは更新されているかな?」と彼を思い出させる時間を作っていたのです。毎日スマホに触る女性は、とりあえず彼のサイトを見てみようと頭に毎日描くルーティンが出来てしまうのです。

どんなに好みで無い異性からでも、「結婚に関する考えを書いている」と言われたら読みたくなるのが人間心理。彼がもし、婚活カードだけ渡す人に終わっていたら、何も思い出される事も無く終わっていたかもしれません。

「私は婚活についてブログで考えを述べています」と言えるだけで、異性からしてみると周りにいる人より本気度が伝わりやすくなるのです。そういった意味でも「ブログを書いて相手に知らせる婚活」は正解と言えるでしょう。

 

「婚活カードや名刺」はアレンジ次第で周りと差をつける手段になる

今回、結婚された彼の話を聞いて思ったのは、婚活におけるマニュアル作法はマニュアルでしかないという事でした。

私のお伝えしておいた「婚活カード、名刺の作り方」は実際にやられた上で、おそらく彼自身の中でしっくり来ていなかった部分もあったのでしょう。「それなら・・」と彼は自分の形に持って行けたのだと思います。

みなさまも異性に関心を持ってもらう為に、「自分なら何ができるのだろう」という気持ちを忘れずに婚活を継続して下さいませ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ