女性が男性に収入を求めるなら「何にいくら必要か」を提示しなさい

この記事は約 3 分で読めます。

結婚相手を探す場合、女性は男性の年収を気にされる方が多いと思います。結婚後、多くの夫婦は男性が仕事を継続し、女性が家庭に入ったりパートと兼業したりするため必然的に女性が男性に年収を期待してしまう傾向は昔からあるようです。そして男性側も収入への期待はいつの時代も背負っていることでしょう。

しかしここで考えなくてはならないのは、「男性に年収を求める場合は、どうしてその年収が必要なのか」という点を忘れてはならないという事です。

女性の中には、当たり前のように「私は相手が年収400万以上ないと安心できないの」などと言っている人もいます。またそういった方が私の元に相談に来ています。私はそれがどうだと言うつもりもありませんが、ただ私の元に相談に来た以上は念のため、こちらから質問をし返すようにしています。

たとえば上記の女性には「年収400万以上ないと家計をやり繰りできない理由を述べて下さい」と聞きます。しかし意外な事に、これらの「年収○○円以上は必要」という女性に限って、毎月の家計のやり繰り構想があまりにも大雑把だったりするのです。これはとても問題だと私は思っています。

女性は、必要最低限の生活費を紙に書き出しなさい

男性も女性も、より多くの収入で安心して生活したいのは当然です。しかし日本経済の流れや、平均所得に伸び悩みを見せている現代をあまりにも知らないまま婚活している男女が多いのも事実。男女どちら側も「いくら頑張っても会社は給料を上げてくれない」という状況を理解している人は多いはず。

また結婚において「収入」はとても武器になるのも事実で、平均所得の多い男性が結婚していく事はデータからも分かっています。「結婚とお金」の関係性はとても強く、収入の無い人が男性の場合は婚活市場で残って行くのは時代の流れとしても仕方の無い事なのです。

しかし、だからといって男性は卑屈になる必要もありませんし、女性も男性に「収入を求められない」と嘆く必要もありません。大事なのはお互いの交渉で結婚が決まる以上、お互いが納得すれば問題がないわけです。

女性の場合、相手に収入を求めるなら「どうしてそれだけの収入が必要なのか」を紙に書き出す必要があります。「私の想像する家庭は、家賃にいくら、食費にいくら、教育費に・・」といった具合に生活像をまともに男性に想像させる必要があるのです

これを見た男性が、その生活像を描いた女性と考えを共有できれば問題ありません。

逆に、男性側が「そのお金の使い方は考えられない」と思えば引けばいいだけです。男女で、どれくらいのお金が生活する上でどう必要になってくるのかを考えれば自然と見えてくる物があるのです。

女性が男性に生活像をイメージさせないまま収入を求めてしまうと、「女性は男性をお金でしか見ていない」と反発される事さえあります。男性も、年収を聞かれた際には「どういう生活像をイメージして、どれだけ収入があれば生活できそうですか?」と尋ねられるようになる必要があるのです

天井の見えない収入への過度な妄想はやめなさい

「お金はあるに越したことはない」という考えが、今の婚活世代の男女を苦しめているようにも私は思います。女性がわかっていないように、男性も「年収いくらあれば生きられる」と考える人は少ないです。

必要以上のお金を稼ごうと必至に頑張って身体を壊してしまった婚活男性の相談に乗る事もありましたが、この男性も「自分がどれだけの収入で生活すればいいのか」は考えていませんでした。ただがむしゃらに多くの給料があるに越したことは無いと、休日返上で頑張っていたのです。

身体が資本です。「頑張った分だけ稼げる」という時代が終わった事も考慮してみるべきだと私は伝えました

女性にも同じように伝えています。高度経済成長期は今の婚活世代の親たちの時代です。「頑張って稼いで来て欲しい」と夫に願ったところで、会社という場にいる以上は天井が見えているのです。

「夫婦に取って必要なお金とはどれくらいか」を考え、世間一般の平均年収や平均貯蓄といった他人基準の幸福度はひとまず分けて考えた婚活をされるべきだと私は思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ