カップリング後にメールの時間帯なんかで悩む人はさっさと会うべき!例文つきで教えます

この記事は約 4 分で読めます。

 

婚活イベントでカップリングが決まった方には、「なるべく時間を空けず会いなさい」と私は頻繁にお伝えしています。理由は簡単で、カップリング後ほど気持ちが高ぶって相手の事を知りたくなっている時はないからです。しかし人である以上、時間が立てば経つほどに冷めて行くのは当然。鉄は熱いうちに打てという話ですね。

また「カップリングした日にそのままデートをすれば良い」という方もいますが、カップリング後の予定まで空けている人が少ないのが現状です。そのためメールアドレスなど連絡先を交換してその日を終えるのが基本パターンとなっています。

しかしカップリングした以上は、すでにお互いのスタートは切られています。仕事などの予定で時間が取りにくい状況がある事も理解できますが、それを含めて出会いを求めてきたのです。お相手に失礼の無いよう、カップリング成立後はスムーズに会えるよう私は婚活参加者には指導しています

そこで活用するのがメールで、カップリング後に残ったお相手との唯一の連絡手段。「カップリングしたけど、相手にどういう内容のメールを送ればいいのか」と悩んでいる方は少し婚活視点で考えられる事をオススメします。私が使っていた例文も交えてみましたので参考にお読みくださいませ。

カップリング後に損するメールを送らない婚活術を身につけよ

婚活を含めて相手の事を知りたいと思うならコミュニケーションは必須です。その上で知っておくべきなのは、メールやLINEなどの機械を使った文章のやり取りはあまり意味をなさないという事。それよりも直に会って会話する事が、関係を深める意味合いやコミュニケーションを取る最短の道筋だと考えて下さい

ここを勘違いし、カップリング以降にメールに力を入れている方がいるのですが、それは確実に間違いと断言しておきます。文章連絡に力を入れるのは、ネット上で出会った場合のみです。ネット経由なら、お互いの事を知るまでに文章しか相手の事を知る手段が無いのですから仕方が無い事。

しかし、カップリングした方々はすでに1度お会いしているのです。すると初対面も済ませカップリングという枠にまで進んだのに、今さら文章のやり取りで相手を知るのは効率が悪い。むしろメールした途端に損をする人までいるのです。

それは誰でも経験があると思いますが、「この人の絵文字のニュアンスが変だな」とか「相手の返信が早くて精神的に負担だな」などは思い当たるのでは。要は1度でも顔合わせをしているのなら、会って話す以上に得られる物は無くなっているのです

また、メールをする事を相手が楽しんでいると思うのも早急です。本当にお相手が「メール好きなのだな」とわかるまでは、なるべく控えた方が良いと私は相談者に伝えています。これは文章による表現での誤解を防いで、一度お会いするからこそマイナスの方向に進まない婚活となるからです。

実際に、カップリングしたのにメールでわざわざ結婚に向けた話をするのは大変ですよね。メールやLINEだけで勝手にイメージが良くなったり悪くなったりするのは損です。ではどういったメールを送って、1回目のデートに結びつけるかをお教え致します。

婚活パーティーでのカップリング後の「メール例文」

 

先にお伝えしておきますが、婚活に特化したメールを打ちましょう。LINEを使ってもいいのですが、形式的にメールの方がキッチリした形として残るので私はメールを推奨しています。まずはカップリング後ですので、お相手にお礼のメールを打ちましょう。そして、メールには次の様な文章を入れて初回デートに誘って下さい。

「今日はありがとうございました。○○さんとはとても話し易かったため、カップリングの報告を聞いた時は嬉しく思いました。そこで、さっそくなのですが、今後の話を含めて1度どこかの喫茶店などでお話させて頂けると嬉しいです」

「メールによる会話もいいのですが、まだお互いに出会ったばかりで文章だとあまり通じ合わない事があったり、表現によっては意図しない誤解を与えたりする可能性もあると思っております。今後お互いが無理なく婚活を進められるよう会ってからこれからの事を一緒に考えられればと思いました」

少し堅苦しいように見えますが、実際は結婚に向けて思考が働いている人にほど話は伝わります。女性などは、お相手の男性に隙が無さそうに見られるかもしれませんが、真面目な姿勢を見せる事で結婚にはスムーズに繋がるんですよね。実際にこれを使っている女性が言うには、遊びの男性をふるいにかけるには便利と言ってくれています。

特に結婚を短期間で決めるつもりなら、あまりダラダラした関係を作らない意味合いでも有効なのです

上記のようなメールは一例ですが、これらの事をきっちり進めるとカップリング後のメール頻度を気にしたり、メール返信が来ないと嘆く事も格段に減るのです。実際に会って、お相手の方がどういったメール習慣を持っているかを聞くなどする事は婚活において重要なテクニック。

よく、メールマニュアルなるものが世の中に出回っていますが、ケースバイケースに対応するには実際にお会いして聞いてしまうのがいちばんだと私は考えています。「恋愛」と「婚活」の違いを考えると、必然的に行動すべき道が見えてくるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ