女性に聞くカップリング後に好感を持てた男性からのメール3つ厳選

この記事は約 5 分で読めます。

私の婚活事業所に来られる方々は日々、必死の思いで婚活に励まれています。しかし焦りは禁物。あまりにも必至になるがゆえに、異性への対応に粗が出てしまう事があるのです。

特に粗が出やすいのは、婚活イベントでのカップリング後からの進展途中。ここは男女どちらも注意をしておく必要があります。カップリングに浮かれるのはいいのですが、浮かれ過ぎて相手に負担を掛けているケースが多発しやすい地点と言えるでしょう。

特にカップリング後メールは難しいです。「お互いに気持ちが通じあっている」と思い込んで、短期集中でメールを送る人などは実際にいます。この場合、”お相手はまだそこまで気持ちが高ぶっていない”という可能性も頭に入れておく必要があるでしょう。

しかし私はカップリング後はなるべく期間を空けずに会うべきであるとも相談者には伝えています。鉄は熱いうちに打てという感覚で、以前に書いた記事を参照して頂ければわかるかと思います。

ただメール内容によっては、お相手に不安感や恐怖心を抱かせてしまうケースも。カップリング後の失敗例は特に男性に多いのですが、ありがちなケースと共に効果的なメール攻略論をお教えいたします

女性が負担を感じやすいカップリング後の男性からのメール例

ここでは先に、男性が女性に送って失敗しているケースのメール例を上げておきます。婚活相談のあるあるではありますが、女性からのカップリング後の第一声が次の言葉はアドバイザー仲間では知られた話です。

「藤村さん、お相手の男性がカップリング後にちょっと変な人だとわかったんですが・・」

婚活パーティーに出て、ウキウキでカップリング報告をくれていた女性から上記のような相談を寄せられる事も少なくありません。内容は単純で、「お相手の男性とメールをしていて違和感を感じた」というもの。

カップリングすれば、形はどうであれ一度は会う流れになるのが自然かと思いますが、そのステップを踏み外す男性が意外と多いです。たとえば、最近私の元に相談に来ていた女性Dさん(27)は、次の様なメールやラインを送られ続けた結果、一度も会う事をせずお断りされたそうです。

「相手男性にラインで返答をすると、1分もしない内に既読され返信されて気持ち悪い」

男女どちらからも相談は受けていますが、この即返信というのは男性側に多く見られる傾向です。メールなら読まれた事がわからないのですが、ラインは既読がつく機能があります。さらに即返信となると、女性側は「圧迫感を受けてしまう」とよく私に伝えてくれています。

これは勿体ないことで、男性からすると「早くメールを返さないと申し訳ない」とお相手女性に思わせるような事は避けたいところです。事前にメールのペースや間隔が十分に伝え切れていない場合は、注意が必要です。

 

 

「『今日は掃除をします』など、日常の中で起こる予定を言われても返答に困る」

Dさんはこれも気に入らなかったようです。

男女どちらもこれを打っている人には何気ないメールかもしれませんが、「恋人でも無いのに予定を聞かされても返答に困る」という人は多いです。特にカップリング後は、どんな人かもわかっていないので一方的に言われても何も関心を持てず、むしろ面倒くさい人と思う女性は多くいます。

これが大好きになったお相手からなら、「小さな事も教えてくれたと喜べるのに・・」とDさん談。

 

「初回デートの約束を、夜の時間帯で決めようとする」

せっかく会おうと思っても、違和感のあるデート時間を指定されると困惑される女性もいます。カップリング後はまだ1度もお会いしておらず女性からすると男性は警戒の対象でもあるのです。

Dさんはこの「夜に会うメール」が来た事で「下心だけで婚活に来ていたのでは?」と勘ぐるようになり、お断りしようと決めたとの事でした

男性側としては良いお店に連れて行きたかったり、ムードのあるお店を予約したいなど、何かと夜に設定しようとする傾向があるかもしれません。私も若い頃は、何かと良いムードを演出したかったタイプですので(笑)

しかしそれも恋愛までの話です。婚活として将来を見据えてお会いする場合は、早い段階で女性に安心してもらえるよう男性の配慮が必要です。いろいろと男性が思う以上に女性は警戒したり、困惑したりしやすいと覚えておく方がよいと言えます。

また、男性も女性のために安心感を与えられる事を実際に言葉にしたり、態度で示せるようでなければなりません。そこで私は、女性相談者にこれまでに出会った男性の中で「カップリング後も対応が良いと感じた男性からのメールや言動」を教えてもらってきました。男性が真似すると良いであろう例をお伝えしておきます。

【男性向け】女性が安心感を得られるカップリング後用メール【悪用厳禁】

女性がカップリング後に男性から配慮されていると感じた一文を教えてもらっています。男性はご自身のメールに、上手く取り入れられる事をおすすめします。3パターンあるので好きなようにお使い下さいませ。

ケース①「カップリングしているとは言え、あまり知らない男性とお会いするのは不安かと思います。昼間でなるべく人通りの多い場所でお会いしましょう。場所はカフェなどで、ご一緒して頂けると嬉しく思います」

これは先ほどカップリング後に男性にお断りをしたDさんから教わりました。彼女にとって男性の存在は「安心できるかどうかが重要」という事でした。Dさんのように安心を求める女性には、やはり「お会いする事前の段階での配慮は欠かせない」という証拠だとも思います。

ケース②「婚活イベントなどに参加されると、どうしても女性の方が色々な男性からメールを受ける機会が増えることは承知しています。特にこれといってメールの返信に急いで頂く理由もございませんので、落ち着かれた時にお返し頂ければ嬉しいです」

事情があって返信できない方は、男女どちらでもお相手に申し訳なさを感じます。このメールを男性から受けて助かったという女性(32)は、複数の方から婚活でアプローチされていたけど、そういった事情を考慮して貰えているようで男性の気配りに助けられたと言います

男性側からの気配りはかなりポイントが高いとも言えます。また複数の男性への連絡や、返信をされている事も含めて女性を受け入れてくれそうな器の大きさを男性から感じると言われていました。

 

ケース③「お返事が遅くなりすみません。急な仕事ができてお返しするのが遅くなりました。ただ、早くメールを返したい気持ちが出た影響で、仕事にメリハリがついて助かりました(笑)」

男性の場合、メールは返信が早い人より遅い人の方が得なのかもしれません。こういうメールを貰うと嬉しいと言われていた女性(36)は、男性が仕事も頑張りながら自分の事で一生懸命になってくれているようでメールの段階でキュンとしたそうです。

一概にこのメールを送れば効果があるとは言えませんが、実際に私の事業所に相談に来られた女性から聞けたカップリング後の嬉しかったメールに違いはありません。

適度に真似て、お相手女性に効果がありそうなメール作成をされると良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ