婚活パーティーでいい人がいない、期待できない時は「人脈を広げろ」

この記事は約 4 分で読めます。

私が婚活パーティーに参加を始めた頃(41歳くらい)の話です。それまで行っていた合コンやお見合い関係の婚活と違い、集まる人は当然ですが多くなりました。だいたいどこにいっても異性の数は10人を超えている事は確実。お相手が増えた分だけ「好みの女性が1人もいない!来て損した!」という事もグッと減ります

これは20~30代の方にはわからないかもしれませんが、実際に41歳くらいになってくると色々と経験が増えてストライクゾーンも広がるわけです。「選んでいる場合では無い」という気持ちもあるのでしょうが、本当にどこにいってもいい人がいるので期待できないケースが少なくなります。

しかし20~30代くらいの方だと、まだまだお相手選びに対する夢や希望で溢れているためか「うわ~・・1人もアタックする気にならない」というケースもあるのだとか。私のところに相談に来ている26歳の婚活女性Aさんは、まさに希望に溢れた婚活者さん。先日、仕事終わりの婚活パーティーでいい人がいなかったようで愚痴りに来ていました。

「藤村さん、先日の婚活パーティーは1人もいい人がいなかったんですけど!仕事を急いで終わらせて、引き継ぎも先輩にお願いしたのに何やってんだかって感じです」

うーむ・・困りました。こればかりは私に言われても仕方が無いのですが・・。しかし、私はこういった「いい人が1人もいなかった時」であっても、婚活パーティーは活用すべきだと考えています。今日はちょっと変わった婚活パーティーの活用法をお話しましょう。

婚活パーティー変則奥義「利害関係の一致」を活用せよ

さて、好みの異性のいない婚活パーティーに当たった際は何をすべきかをお話しておきます。

パーティー形式によってはフリータイムなどは普通にありますよね。フリーですので、当然ですが色んな方と話せます。そういった際に私は、「結婚相手を探している人のための飲み会」を開いている事を伝える事がありました。私も3回ほど婚活パーティーで使った程度ですが。

この話を持ちかけるのは会場で出会って話しやすかったり、その人の職業や年齢から判断して、良い人を紹介してくれそうな人を基準に選びます。継続して関わりたい人でなくてもいいので基本的には、難しく考える必要はありません。「結婚相手」として友達になる必要もないので気楽に探しましょう。

自分と同じで「今回のイベントでは良い人に出会えなかったな」とあまり異性にアタックする様子もなかったり、なんとなく動かない人がいると話しかけやすいです。そこで婚活者だけの飲み会を持ちかけます。

お互いに全く関心が無くとも、目的は同じなはずですので遠慮せずに「結婚に向けた出会いを求めている人の飲み会を開催したい」と言ってしまうのです。フリータイムなどで話すので、もちろん世間話は入れて下さい。勧誘だとか思われると警戒されるので、自然な流れで話すのがベスト。

私でしたら、当時勤めていた職場の後輩たち(20代後半~30代前半の結婚希望者)を集められる事を相手に伝えます。「結婚を考えている男性」を探す女性にとって、利害関係は一致しているので受け入れてもらえれば飲み会は開催できます。

私は、ノリでワイワイするだけの合コンからは引退していましたが、「結婚への意識」を持って集まり結婚に向けた会話ができる場所になればとの考えで開催していました

これは呼べる人の「職業」「年齢」「収入」などとにかく異性が食いつくステータスがあれば出せればオッケーだと思います。私は実際に「若い男性を呼べますよ!」といって後輩を連れ出していましたので(笑)

女性は女性で、男性に需要のあるステータスをお持ちの方を集めるという手もあります。「料理好きな女性」が集められるとか何でもポイントになりますからね。

男性も女性も結婚に向けて「手段」を選ぶ必要はない

このように、婚活パーティーは好みの異性との直接的な繋がりを求められなくても、別の繋がりも作りやすいんですよね。「婚活だから好みの異性と繋がるぞ!」と一点勝負にしてしまうと、パーティー開始直後にがっくり肩を落とす事もあります。

そういった場合に、「じゃあ別路線で婚活仲間を探せばいいか」と切り替えられる人は強いです。婚活パーティーに出ているからこそ「結婚に向けて動ける人たち」と上手く繋がるべきだとも思います。この時に飲み会が開けなくても、他の手段で良い人を紹介し合うなんて事もできたりしますので。

これはAさんにも、好みの男性がいなかった場合にはやってみる事を伝えています。ただ女性であるAさんからガツガツと「結婚意識のある男性を探す飲み会」を開く事には抵抗があると返答されています。私からすると男性、女性と関係なくやるべきだと思うのですけどね

Aさんも27歳と婚活市場ではお若いのですが、彼女は「30歳までには結婚したい」と明確に年齢目標を持っているので「手段を選ぶ必要はない」と伝えています。前回も書いた、「若さは武器になる」という部分をAさんとしてはあまり理解していないのが勿体ないのですが・・。

ちょっとのんびりした女性ですが、美人さんなのでまだ選びたいのが本心なのだと思います。私も彼女の目標である「30歳で結婚」をサポートする所存であります。今回の方法は、色々な場で人と繋がる事ができる裏ワザみたいなものです。結婚するためにはそれなりの準備と作戦を持つよう心掛けて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ