男女お互いが結婚に踏み切れないなら”両親”に会わせるべき!

この記事は約 3 分で読めます。

交際は順調なのに、いざ結婚に進むとなるとためらってしまうカップルがいます。男女お互いが好きで愛し合っているにも関わらず・・。すごく彼らは真面目で慎重に結婚に対して向き合い過ぎている傾向もあります。

流れや勢いで結婚はできないタイプが揃うと途端に立ちどまるようです。こういった男女も時に私の元を訪れます。男女お互いが相手を認め合い「結婚してもいいな」と思っているのに先に進めないカップルはどうすべきかでしょうか。

その解決法の1つに“男女お互いに自分の両親へ引き会わせてみる事”を私は勧めるようにしています。

こんな話をすると「最後は親が結婚を決めるのか!?」と反発をする人もいるのですが、そうではありません。こういった「結婚手前で止まってしまう人たち」は、その場所から動けなくなっているわけです。結婚というまだ見ぬ世界に不安を抱えています。結婚すべきか、しないべきかを考えるには状況を1歩前に進める必要があるのです

解説を交えてみましょう。

“親”という親族を見る事で結婚へのイメージが湧いてくる

男性でも女性でも結婚を考える相手には、親に会ってもらいたいですよね。日本の習慣上、交際相手を親に合わせるという事は”結婚を意識している”という事が暗黙の了解になっている部分もあります。そのため、女性などは「彼が両親に会ってくれない」「結婚する気はあるのか」と悩むのです。

しかし、私の言う「親に会わせる」は結婚を考えてはいるけど”挨拶”をしにいく意味合いでは考えません。私のアドバイスは、この”親”という存在にも結婚促進への役割を果たしてもらうよう働きかけるものです

男女揃って結婚に悩むのであれば、ひとまずでいいのでお互いの両親に会う事から始めるのです。「会ってしまったから」と言って結婚しないといけないわけではありません。会ってみた事で得られるメリットに注目すべきなのです。

「相手の親がどんな人で、この両親なら結婚後には付き合い方がこんな感じになるだろう」と想像できるなどをイメージする(させる)のは非常に大きいのです。結婚に対して不安を持つのは、色んな要素があると思いますが「こういう両親なら結婚後に困った事があれば助けてくれる」など思えると強みに変わります。

逆に付き合いづらそうと思える相手の両親だったとしても、それはそれで結婚への意識が違った形で向かう証拠にもなっています。

あらかじめ結婚に悩んでいる事を伝えた上で、お互いの両親に会ってそこから結婚への道筋を考え始めるのも方法論の1つなのです。親と言う存在から結婚へのアドバイスをもらえたり、お互いが上手くいきそうかなど客観的に判断してくれる存在にもなり心強いのは言うまでもありません

結婚が決まる前に、相手両親に会っておく方が関係が上手く行きやすい

そして結婚するしないに限らず、婚前に相手のご両親と会っておくのは悪い方向にはならないと私の経験から言える部分でもあります。特に男性は、どちらにしても結婚が決まると挨拶にいかねばなりません。その際に、1度でも相手のご両親と面識があるか無いかで緊張の度合いも変わってくるのです

普段から顔を合わせたり、遊びに来ている事を知っている両親に挨拶するのと、初対面で挨拶するのはどちらが有利かは言うまでもないでしょう。

何度も通う必要もありません。ある程度お互いの両親と関わる事で、総合的に「結婚とは何ぞや?」をつかめるようになれば、気持ちの上でも本当に結婚したいかどうかも見えやすくなります。

世間的には「親に会わせる事=相手へのプレッシャー」という意味合いで親の存在を使いがちですが、自分たちのより良い結婚像を浮かべる為に両親に会う(会わせる)という選択肢もある事を知っておいてくださいませ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ