「結婚を諦めた人」にこそ読んでほしい、元婚活アドバイザー藤村の話

婚活をお考えの皆様。はじめまして。当ブログ運営者の藤村と申します。(ハンドルネームです)

私は今から10年ほど前に、6年付き合っていた彼女と別れました。当時は38歳(今の年齢が分かりますね笑)、結婚まで考えていたため絶望したのを今も忘れず覚えています。

それでも結婚願望はあったため、婚活を始めました。今でこそ婚活イベントは日常で耳にする一般イベントとなりましたが、当時は開催される場所も少なく焦りを抱いたものです。

  • 「このまま歳を重ねてしまうと結婚できなくなるのではないか・・」
  • 「素敵だなと思える異性は、みんな結婚してしまっているように思う・・」

マイナス思考とは怖い物で、このように自分自身を追い込み結婚から遠ざけていました。こんなにネガティブだと、婚活イベントに出席しても疑心暗鬼に異性を見つめちゃうんですね

例えば相手女性から

  • 「どうせ若い男がいいんだろう・・」
  • 「収入の無い自分よりも、給料の良さそうな職業の方がモテるに決まっている」

こんなことばかり考えていました。

しかし、私はこんな状態でも諦めずに異性との出会いの場に足を運ぶことだけはやめませんでした。

諦めたら試合終了は、結婚も同じこと

スラムダンクという有名な漫画に「諦めたら試合終了」という言葉がありますが、まさに婚活にも同じことが言えると思ったのです。

「自分に良い人は現れない」と思い、その場で立ち止まってしまっては現れるはずの素敵なパートナーには出会えません

つまりは「家の中で、1人寂しく落ち込むくらいなら当たって砕けろ」です。

この精神で、がむしゃらに婚活に挑みました。出会い系サイトもやってみたり、民間のお見合い相談所に行ってみたり。なかなか成果が出ずとも、とにかく結婚のために動き続けました。

そして、たどりついたのは婚活パーティーでした。出会いに出会いを重ねて、後の妻となる女性と出会えたのです。それまでの努力が報われる瞬間にも感じられました。

結婚が決定したときには、前の彼女と別れて5年も過ぎていたのですから・・ほんとうに感慨深いものがあります。諦めなかった5年間は報われました。私自身を褒めてやりたいと思うほどです。

こういった経緯から、今の私があると言えます。そして、未来に向かう若者にこそ、私は伝えないといけない事があります。

結婚できなくて悩む方へ

今、このブログをお読みになっている方には、過去の私と同じ思いをされている方がいると思うんですね。婚活応援ブログなので、おそらく結婚に興味が無い方は読んでいないでしょう。

結婚どころか、恋人もできないと色々と考えてしまうことは確かにあります。

  • 「結婚の方法をネットで調べても仕方が無いのかな・・」
  • 「46歳のオッサンの助言を読んでも恋人は振ってこないし・・」

私も、当時は恋愛マニュアルや結婚している先輩たちの助言を聞きつつ、どこかふてくされて聞いていた事もありました。

しかし、「結婚が出来ない」という悲鳴にも近い悩みに対しては、至ってシンプルな答えが出ていると言えます。

大事なことなので同じことをいいますが、「結婚したければ自ら出会いの場に出て行かないと始まらない」のです。好きな芸能人をテレビで見たり、ネットで好きなサイトを見ることを否定はしません。

ただし、そのままでは一切の出会いがない事に気がつかねばいけません

「ちょっとでも出会いの回数を増やさないと」

この意識があるかないかで、その後の異性との出会い、つまりは結婚の可能性に大きく影響してくるのです。私は、婚活に悩む方のアドバイザーを行っていたこともあります。

その中で気がつくのは、みなさん圧倒的に出会いの場に参加していない事なんですね。「出会いが無い」「良い異性に出会えない」と嘆くけれど、婚活イベントなど出会いを求める動きをしていないのです。

私の元に相談に来ていた方も2極化しており、結婚できる方はとにかくイベントに出続けていました。野球に例えると、どんな打者も打席に立たねばヒットを打てないのと同じ理屈です。

もし、私の文章を読んで思い当たる節のある方がいるなら、一刻も早く出会いを求めるべきです。1分1秒と時間が過ぎれば過ぎるほど、結婚から遠ざかっているのもまた事実なのです。

「自分は絶対に素敵な異性に出会って結婚するんだ!」という明確な意思を持ち、出会いをとにかく増やす事。これが結婚への足掛かりとなるのです。

特に、私は「顔をすぐに見れてお話もできる対面型の婚活イベント」をオススメしています。私も運営をしてきた身ですが、やはり対面して異性と出会うと「その場でフィーリング」も確認できるため発展のしやすさでは他の婚活法に勝ります。

しかし、どこの婚活イベントに出れば良いのか分からない方もいます。そこで、おすすめの婚活サイトをまとめておきましたので参考にして頂ければと思います。

「動いた分だけ、きっと結婚に繋がっている」これは、私や結婚していった方々を見てきて思う事です。

みなさんも、一歩でもいいので踏み出して結婚して頂ければ幸いです。

元婚活アドバイザー藤村のおすすめ婚活サイト

【パーティーパーティー】

首都圏を中心に人気を誇っているパーティーパーティーです。

私がこのサイトをおすすめする理由は、イベント種類の豊富さにあります。婚活を成功させるには、自分の得意分野で異性とコミュニケーションを取る必要があります

例えば、いくら顔を合わせてフィーリングを確かめられる婚活パーティーと言えど、いきなりお話するのが苦手な方も当然います。逆に、お散歩ツアーなど少し緩いスタイルで出会うと話が続くという方もいるのです。

パーティーパーティーは、そういった小さな気配りを入念に行っており、スタッフの配慮も行き届いています。スマホを使いながら進行するイベントなど、面白い企画も用意されていることが強みと言えますね。

色んなパターンのイベントに参加してみたい好奇心旺盛な方」には、パーティーパーティーをおすすめしたいと思います。

【YUCO】

YUCOは大手mixiの子会社になります。以前は、youbride(ユーブライド)という名前だったので覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんね。

大手運営のサイトから出会いを探すというのは理にかなっています。なぜなら、大手になるほど社名ブランドに傷がつくことを恐れるので、とにかく徹底したサービスを提供しつつ、カップリング率も上げていく努力をします。

カップリングだけがすべてではありませんが、一期一会に思いを抱く利用者を配慮していることは、私も婚活相談者づてに聞いております。残り続ける婚活イベント会社は、残るだけの出会い率が担保されているとも言えるでしょう。

mixiの子会社とあって女性からの支持も増えているとの事です。男女どちらも利用可能ですが、「お友達との参加」を歓迎されている点など、特に女性におすすめしたい婚活サイトです。

【シャンクレール】

シャンクレールは私の知人も勤めており、非常に興味深いお話を聞かせて頂いております。仕事の関係で知り合ったのですが、特徴的なのは若い女性が多く集まっていることです。

男性会員側に負担は大きくなりつつも、女性の負担を減らすことで非常に集まりのバランスが良いと聞きます。もちろん、お金に余裕のない男性が無理をする必要はありません。

私の経験上、どうしても男性が年上、女性が年下で結婚が決まっているためご案内させて頂いた次第です。

条件を見ていると、ハイスペックさを求められているように感じるイベントもありますが、実際のところは一部の人に限られると伺いました。

たとえば(大卒 or 公務員 or 年収450万 or 1人参加)などを見ると、一見ハードルを感じます。しかし、1人参加できる方であればあっさりクリアしているという事です。1人婚活できる男性にオススメしております。

 

「結婚したい」と口で言うのは簡単ですが、もしその思いを実現させたいなら、まず行動です。婚活イベントに申し込む、友達と合コンを開催する、ナンパしてみる。何でも良いので、自分ならこれができるという結婚への動きを目指しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ