地方、田舎の婚活パーティー活用の手引き【メリット・デメリット】

この記事は約 5 分で読めます。

 

私どもの住む愛媛では地域が主体となって若者の婚活応援をしています。しかし都会と違い、地方や田舎に住む若者は気軽に婚活パーティーに出られない状況もあるのです。今日お話するのは、地方や田舎の婚活事情でローカル特有の悩みとも言えるでしょう。

たとえば一例に過ぎませんが、当たり前のように参加できる大手婚活サイト「PARTY☆PARTY」や「クラブ チャティオ」などは四国地域では開催されていません。都会では平日開催され、毎週のようにイベントも開けば人が集まります。しかし人口の少ない地方では開催することから難しい事もあるようです。

私は都会の方ともメール相談でやり取りしますが、大都市の方はネットで知った婚活パーティーを使い倒している様で動きやすさは伝わってきます。実際に都会組のフットワークの軽さというのは、婚活パーティーの開かれる数に応じて比例していると感じております

これがローカルの場合上手く行きません。いわゆる「ネットの婚活パーティー」を婚活者さんに勧めても、実際に開催されるのは少数の会社しかなく限界があります。こちらとしては全国展開して欲しいのですが、地方すぎると若者を集めにくいデメリットがあるのも現実でしょう。

しかしそんな田舎でも、若い人は「結婚がしたい」と思っています。そういった声を後押しするため、近年の婚活ブームと同時に地方自治体婚活サポートをするようになりました。たとえば愛媛も婚活支援のサポートが受けられるようになっています。

読者の方も、それぞれお住まいの地域で検索してみて自治体がサポートしてくれているか調べてみるのもいいでしょう。今回は、そんな自治体が開催する婚活パーティーのメリットデメリットを挙げておきます。

地方の婚活パーティーのメリット

① 会費は低価格から設定されており、男女差も基本なし

 

地方婚活は国が支援している影響もあるのですが、当然ながら男女の参加費は平等になります。仮に女性の方が安くても、目立つ差は無いに等しいレベル。費用の差を気にされる方もいますので、そういった方はあえて地域のイベントにしか出ないという選択肢もあるでしょう。

またイベントによっては破格の会費でイベント提供をしているところもあります。実際に無料に近いものがありますからね。あまり資金に余裕の無い方には頼れる味方になるかと思います。

② サクラのいない安心感

 

婚活パーティーにサクラはいない理由」というお話を過去にさせて頂きましたが、よりサクラが不在であるといえるのは地方のイベントでしょう。

自治体が運営するという事は、そもそも稼ぐためのイベント化を阻止しており、中にはボランティアで運営している人もいるくらいです。言うまでもありませんが、サクラを入れてまで運営させる意味が無いという事です。

③ 「生まれが同じ」は最大の強み

 

愛媛だと「生まれた場所で歳を取って結婚したい」という昔ながらのなごりが結婚観にも響いています。実際に愛媛で無くとも、生まれたところで結婚してみんなとずっと仲良く暮らしていたい人は多いはず。

そんな気持ちが最初からお互いに通じ合えているのも地元婚活の魅力です。もちろん婚活サイトでイベントをしても、結局は地元の方が集まるのですが。

ただ地元イベントの場合は「○○地方限定」などと、細かく地区を分けたパーティーが展開されています。これが、「住み慣れた場所で結婚したい」という人が必然的に集まる理由です。

地方婚活のデメリット

① 婚活サイトに比べて競争率が高い

 

私は愛媛県民の婚活応援をしていますので、県内イベントの実態は基本的に把握できています。そして相談者さんのお話を聞く限り、いちばん感じるのは地方イベントと婚活サイトのイベントとの差は「参加者が埋まるスピード」にあるという事です。

地方のイベントは、男女の会費に差は設けませんし、パーティー会場も婚活サイトに比べれば圧倒的な田舎で開催される事も多いです。そのため、ここぞとばかりに参加を狙っている人は多く、募集開始後に即・受付終了となるケースも多々あるという事です

安く、地元で開催してくれるというのはありがたい事なのです。「たまにしか開催されないからこそみんなが狙う」というのは地方の動きでもあるのでしょう。それにくらべて都会はゆったり選べますし、仮に参加できなくてもすぐにチャンスが回って来るようにサイト運営者は日々活動してくれているようです。

② 同じ人に会う確率が上がる

 

私のクライエントさんには、地方婚活もネット婚活サイトも使ったりとあらゆるパーティーを経験している人もいます。そういった中でお話を聞くのは、「地方婚活に行くとどこかで出会った人に再会してしまう」という内容が寄せられやすいです。

それもパーティー費用の安いものほど確率は上がるとのこと。特に1000円台になると圧倒的な安さになりますので、ピンポイントで絞って参加を狙っている方がいるのかもしれません。

「費用が高いイベント」は出来れば避けたいものです。「なるべく高い価格のイベントに参加すべき」という話では無いのであしからず。

③ 抽選確実、開催回数が少ない時は

 

①と重なる部分もありますが、確かにお得なイベントが多いのは確かでその分だけ人は殺到します。そのため抽選待ちに始まって、もしハズレという結果になった場合は別のイベントに申し込む形になります。別のイベントに申し込むも、開催回数がそもそも限られているので「気楽な参加」が難しいのが現状です。

「婚活に動く時期に”早過ぎる”はない」を以前に書いていますが、まさにその通りで抽選突破を待っている時間が無い人も多くいます。地方イベントは確かに価格的にお得ではあるのですが、婚活パーティーサイトとの差額があっても2000~3000円程度です。

その少しの金額の為に「待つ」という行為は、婚活市場という時間との戦いの舞台では自滅行為にもなりかねません

「少しでも若い時に、若い人と結婚したい」という普遍的な価値観を多くの人が持っている以上は、値段だけみて待つのは危険とも言えるでしょう。「時間を買う」という意味でも、地方婚活に出られない場合は婚活サイトを活用するのも結婚への近道だと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ