婚活カップリング率80%女性が暴露!男性を落とす3つのテク【あざといですby藤村】

この記事は約 3 分で読めます。

私が婚活に熱心なのは相談者さんに伝えていますが、相談者さんは相談者さんで婚活に熱心な方がいらっしゃいます。今回お話させて頂くのは、そんな相談者の1人であるAさん(30代前半女性)なのですが面白い婚活パーティーでのカップリング攻略法を教えてくれました。

それは、Aさんの場合は狙った男性とのカップリング確率が実に80%(過去5回参加して4回も意中の男性とカップリング)した方法があるとのこと。

Aさんは、私が伝えてきた婚活攻略論を丁寧に解釈して下さる方でしたし、真面目に婚活されているのでこの数字には驚く事もないのですが、さすがに80%のカップリング率が出る理由は気になりました。

毎回Aさんが相談に来るたびに、色んな方とお会いしている話は伺っていたのですが、実際に聞いて見ると「なるほど!そんな方法で男性の気を引けたのか!」という目から鱗の状態でした。そんな彼女の必勝マニュアルを今回は紹介させて頂きます。

私個人としては”あざとい“と思う部分もあるのですが、そのあざとさも似合うのがAさんだったので上手く行っているようにも思います。それではどうぞ。

① 男性を自然に褒める”クセ”をつけていた

Aさんは自然に男性を褒める必要性を説いています。実際、私に相談に来た際もさり気ない会話の中で褒めてくれていたなとお話を聞いて気がつかされました。「私を褒めるメリットが無いのでは?」と聞いてみたところ、普段からクセがついていないとイザという時に言えないとの答えが返ってきました

イイ気分になっていた私も、単純に練習台になっていただけですね(笑)

そんな彼女は気に入った男性がいると、とにかく褒めるポイントを探すそうです。婚活マニュアルに限らず恋愛論などでは男性が「女性を褒めろ」という話は聞きますが、男性も褒められると嬉しいわけです

自然な形で「ネクタイ似合われていますね。普段の買い物で見つけられた物ですか?」など日常の買い物シーンと重ねて会話に持っていくそうで、確かに自然に使うには褒めるクセが必要だと感じました。「褒めてくれる相手」は、どんな人にも素敵な存在に映る事は間違いありません

② 婚活イベントの参加費に格差がある場合”さり気なくお礼伝える”

「そんな事まで言っていたのですか?」と驚いたのは、聞いていた私の方です。Aさんは、男女の参加費に大きく差がでるパーティーに出席した際には、次の言葉で相手に感謝の心を伝えるそうです。もちろん気に入った男性限定です

Aさん「パーティー費用が安く参加しやすかったのですが、男性陣が負担してくれているようなものなので女性陣にしてみれば助かります」(お礼の言葉、男性陣を立てる意味を含めるとの事)

このようなニュアンスで男性に伝えると言っていました。お金の話なのでシビアだと思うのですが、確かに「多く払った」と感じている男性が多いのは事実です。こう言われて嫌な気持ちになる男性もそうはいませんし、女性の金銭感覚も把握できる印象を受けると思います。

ただ、Aさんもフリータイムなどを使って話せる場がないと使いにくいと言っていました。時間的に余裕があったり、タイミングが合えば・・くらいの感覚でいいのではないでしょうか

③ 作れる料理メニューのレパートリーを見せてみる

私は「婚活カードをしっかり持参すべき」と相談者さんには伝えていますが、彼女はその上を行っていました。「作れる料理のレパートリー表」を持っているんです。「料理ができると言ってもどれくらい出来るかが把握できない」という男性からよく出る女性の手料理話への不満を解消しているようです

ただこれも婚活カードの一環で、「アピールできるところはアピールする」に徹しているだけなんですよね。「料理のできる女性」はいつの時代も結婚したくなる女性にランキングされているくらいですから。

料理が出来るのであれば、「私は料理ができます!」と宣言してしまう方がベストで男性陣の食いつきもガラっと変わるそうです。得意な料理が無くとも、「これくらい作れるレパートリー表」があるだけで男性の反応も見れます。ぜひ試されるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ