婚活パーティーに友人と参加する女性が「余り」の厳しさを受ける事例

この記事は約 4 分で読めます。

男性は少ないのですが、女性の場合はご友人と参加されているケースを多く見かけます。「1人で行くのは不安だから友達と行ってみよう」と考えるのは婚活に限った話ではないと思います。ただ、この友人とのペア参加は婚活イベントにおいては不利を被っている事例がある事を知っておいて欲しいのです。

と言いますのも、私がお手伝いさせて頂く婚活パーティーでは、必ずと言っていいほど「出会いの機会損失」をしている層の人たちがいてそれが「女性2人組」の人たちにも当てはまるからです。もちろん女性に取って知らない場所でのパーティーに参加したり、1人で活動するのは不安だと思いますので「2人で参加するな」という話ではありません。

ただ、女性が友人と参加される場合は気をつけておくべきポイントがあるのです。そのポイントとは、お見合い回転ずし後のせっかくのフリータイムで、「女性同士でくっついて動かない人たち」の事です。1人で動かないのは構わないのですが、2人で動かないのは間違いなく不利を受けています。その理由をお話します。

婚活女性2人が一緒にくっついていると損している理由

私は婚活パーティーで手伝いに入る場合、必ずフリートーク時間に婚活アドバイザーとして動かさせて頂いております。ここで指す婚活アドバイザーは、婚活サポーター、婚活相談員、婚活コンシェルジュなど場所によっては呼び名も変わるでしょう。

私たちはなるべく多くの男女が、意中の相手と会話を交わし悔いの無いようにしてもらいたいと考え動きます。そういった中で自ら動いて異性に声を掛けられない方には、こちらからサポートするために要望を聞く事があります。その時に、男性であれば女性を。女性であれば男性をお連れしに私どもがお伺いに行く事もあるのです。

しかしその際に、呼びに行く事を男性側が躊躇されるケースがあるんですね。それが先ほどから書いている、女性2人ペアでいる方たちのところです。

シャイな男性は女性に声を掛けたくても、もう1人の友人がすぐ傍にいると声をかけにくいと感じているようです。私どもが「呼んできましょうか?」と尋ねても、「友人同士で何か話しているようで、邪魔しちゃ悪い気がするので後で」と拒まれる事も少なくありません。そうこうしている間に、男性も別のところに行ってしまうのです。

そこで私が、女性を連れてきても無理やり2人の間を割って入ったとなるので、男性もそういう形は歓迎しないのです。割とこの傾向は、日本人独特のモノでもあると思います。「邪魔してはいけない」というのは礼儀を踏まえた人であれば、誰でも分かっている事ですからね。ただ、婚活の場では出会いの損失にしかならないのです。

その点、男性は仮に友人と参加していてもこうなる事はありません。フリータイムまでべったりくっついていても仕方が無いとわかっており、どんどん分かれて女性に声を掛けに行くのです。

攻めていかないといけない男性は同性で一緒にいてはダメな事を理解しているのですが、受け身な交際をしてきた女性ほどこの事実に気がつけません。終始友人とくっついていて最後に、「誰にも声を掛けられなくて残念でした」と落ち込んで帰る方もいらっしゃるくらいです。

では友人と参加してはいけないのかというと、そういう話になるのではありません。むしろフリータイムは女性の主戦場になるのですから。女性のフリータイム攻略法を、婚活アドバイザー視点でお伝えさせて頂きます。

婚活女性がフリータイムで「余り」にならない為のポジション作り

まず女性は友人と参加する場合、「要所では必ず離れておく」とお互いに約束しておく必要があります。どちらか一方が離れる予定など生ぬるい計画ではいけません。意外と離れようとしても、友人が離れて行かない事もあると思うのです。友人の好みの異性がいなければ、友人であるアナタの元に話しかけてくるのは必然的でもあります。

フリータイムにおける女性は、男性から声を掛けられる最高のチャンス舞台です。何しろ男性は空間にいる女性すべてに声を掛けたとしても「ナンパ」と受け取られないのです。むしろ積極的な男性と表現されるので、いくらでも話しかけるチャンスがある女性にはアタックしたいのです。

その際には、やはり1人でいる女性の方が断然有利です

これは婚活イベント内で知り合った同性同士がくっついていても、声を掛けられにくくなるのと同じで、男性は1人の女性の方が声を掛けやすいのです。2人いたら片方の女性に申し訳なさを感じる優しい男性も多くいます。出来るだけ女性陣は声を掛けられやすいパターンを作り上げるべきなのです

私どもサポートする側の人間も、1人の女性の方が声掛けもしやすくフォローに回りやすいと感じます。男性からのバトンを受け取るかどうかは女性次第ですが、そのバトンが回ってきた事に気がつける状態にあるかどうかが婚活攻略の糸口となっているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ